前へ
次へ

がんを放置する医療的な考えは正しいか

医療機関でがんと診断された後、それを放置すべきか治療すべきかで放置するのが良いとの意見があります。
まずがんの存在を言えば多くの人の体で日々がん細胞が生まれていると言われます。
ただし免疫力が正常なら異常な細胞であるがん細胞を退治してくれるので、がん発症に至らずに済みます。
何らかのきっかけで増殖してしまい一定規模になるとがんが発見され発症の状態になります。
このことから考えると、免疫力を強くすれば何とか放置しても治せそうな気もします。
がんには種類があり、患者それぞれの条件も異なります。
若い人が進行の遅いがんを発症したとしたら、免疫力をアップさせればがん細胞を死滅させられる可能性はあるでしょう。
しかし一般的ながんは一定規模になると免疫力では太刀打ちできない状態になり、その後増殖を続ける可能性があります。
治療方法がない状態なら放置せざるを得ないでしょうが、治療できる状態なら医療機関で外科手術を受けるなり抗がん剤治療を受けるなりした方がいいでしょう。

Page Top