前へ
次へ

進化する医療技術に感動~手術を経て~

三年前に卵巣嚢腫摘出手術をしました。
今まで病院にかかるような怪我や病気も殆どなく、手術と関わりなく40年近くを過ごしてきた私にとって大きな出来事でした。
腫瘍が見つかり困惑していた私に、先生が「手術は今すぐでなくても構わないよ」と言ってくださり、でも体の中で少しずつ大きくなりこの先なくなることはないのでいつかは時期をみて、と明るく話して下さいました。
どのような手術なのか、傷痕は残るのか、等色々不安に思っていたところ、最近の医療技術は進化しているので手術も簡単で傷痕も殆どわからなくなりますよ、と教えてくださいました。
悪性ではなく女性によくある腫瘍ということで先生にとっては笑顔でも話せる状況だったようで、先生の言葉や対応に不安も少しずつ和らいだことを思い出します。
腹腔鏡手術から三年が経ち、今は傷痕もほとんどなく何事もなかったかのように元気に過ごしております。
自身が手術に関わることがなければ、医療技術の素晴らしさを体験することもなかったと思います。

Page Top