前へ
次へ

男性も行っている美容医療のポイント

皮膚科と言っても、ニキビ治療やイボ切除などの皮膚疾患の診療のみならず、シワやシミ、たるみなど、手術以外の方法で効果を出す美容医療もあります。
最近では、男性や10代でさえ相談に来院するそうです。
顔のシワが気になる、男性患者では、額や眉間に深く刻まれたシワ取りを希望しています。
仕事柄、考え込む・決断を迫られる中堅のポジションでは、険しい表情は日常茶飯事だそうです。
ドクターはカウンセリング時に「どうしたいのですか」と問いかけます。
大半の患者は「シワさえ取れるなら」と答えるそうで、全て解決するという考え方です。
ですが実際、シワのほかにシミもくすみもある、女性ならば美を引き出すことに最善を尽くします。
男性ならば健康美を引き出すことに最善を尽くします。
シワ・シミ・くすみを全て取り除くのではなく、あえて「年相応」を意識した治療を提案してくれます。
老化現象ですから、シワがあるならシミもある、シワを取るならシミは年相応で残ったまま、それこそ顔に違和感を覚えてしまいます。
男性があまりにも美しくなったのなら周りの反応はいかがなものでしょうか。
偏見もあるでしょうが、周りから憎まれ口を叩かれる可能性大です。
病気の治療ではありませんから、「やらなければよかった」と思われることもしばしばあるようです。
だからこそ、美容医療ではビフォー・アフターでのシミュレーションがポイントになるようです。

Page Top